航空券ハウツーメディア
航空券の種類を知ろう!

航空券には、様々な種類がありますので、賢く利用するには、それらを知っておくことが必要です。
まず、正規運賃ですが、これは、国際航空運送協会、IATAが決めているもので、ノーマルとも言います。金額は、年間を通じて変動せず、購入先によっても変わりません。安くはない代わりに、1年間有効で、変更や払い戻しができます。
次に、IATAペックス。これは正規より安く、航空会社共通の運賃なので、IATA加盟航空会社であればどこでも選ぶことができますが、変更はできません。
そして、航空会社が出している正規割引。ゾーンペックスとも言い、IATAペックスより安くなります。早割などの場合は更に安いのですが、基本的には利用便の変更はできません。また、往復とも同じ航空会社を使うこと、予約から72時間以内の購入が義務づけられています。
最後に、格安航空券。これは、旅行会社が金額を決めているもので旅行会社でしか購入できませんが、最もお得な料金設定になっています。金額や制約については販売元によって違いますが、原則、払い戻しはできませんし、取り消しには手数料がかかります。
このように、何を優先するかによって、どの航空券を選ぶのかは変わってきます。わからない場合は、旅行会社に相談してみるのも良いかもしれません。 国内旅行を計画中の方で激安チケットを探しているなら、LCC含む航空会社を横断検索して格安航空券を探すならこのサイトが最適です。


航空券の買い方を知ろう!

距離がある場所への旅行や出張に欠かせないのが航空券ですが、航空券には航空会社だけではなく、その中でも色々なクラスや種類があります。
従来からの日系の航空会社は、日本全国であまりメジャーでない地方都市にも就航していることが多く、そういった際には便利です。難点としては料金が挙げられますが、これは1泊宿泊をセットにした形のツアータイプを利用するなどして対応すると良いでしょう。
外資系のエアラインは、その会社によって得意なエリアも違いますし、機内サービスなども各国のカルチャーが表れている点が面白いと言えます。外資系エアラインのエコノミークラスの航空券を購入したい場合には、日本の旅行会社で探すと良いでしょう。また、海外のメジャーな都市まで出てしまってから、そこから地元に強いエアラインのフライトを購入することも出来ます。
その他に最近普及してきているのが、LCCと呼ばれる、直接販売型の格安なフライトです。こちらは電車に乗る感覚で乗ると、期待外れになることもないでしょう。多くの畿内サービスが有料であったり、予約関連のサービスや機内サービスが簡素だったりしますが、国内のビジネスでない旅行であればあまり苦にはならない程度のことが多いです。海外でも、それぞれのエリアにLCCはありますので、現地で必要があれば探してみると良いでしょう。


旅行の予約に使えるサイト